日本材料技研株式会社

ポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)

日本材料技研(JMTC)のポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)は、代表的な生分解性バイオプラスチック(植物由来樹脂)であるポリ乳酸(PLA:polylactic acid)の改質剤として用いることができるポリマーです。

ポリ乳酸(PLA)は、植物由来原料から製造されるバイオプラスチックス(植物由来樹脂)であり、カーボンニュートラルな材料です。またポリ乳酸(PLA)は一定条件下で二酸化炭素と水に分解される生分解性樹脂でもあります。こうした特徴のため、ポリ乳酸(PLA)は代表的な生分解性バイオプラスチック(植物由来樹脂)として広く用いられる環境配慮型材料です。

一般的に用いられるポリ乳酸(PLA)は、L-乳酸を原料とするポリL-乳酸(poly-L-lactic acid: PLLA)ですが、同じポリ乳酸(PLA)でもL-乳酸の光学異性体であるD-乳酸を原料とするポリD-乳酸(poly-D-lactic acid: PDLA)も知られています。日本材料技研(JMTC)では、グループ会社であるJMTCエンザイムで製造するD-乳酸も原料としながら、ポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)の合成にも取り組んでいます。

ポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)は、D-乳酸の環状二量体であるD-ラクチドを開環重合することで得られる樹脂です。一般的に用いられる生分解性樹脂であるポリ乳酸(PLA)は非晶性ですが、ポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)を少量配合することで結晶性を高めることができ、耐熱性や成形加工性の向上が期待できます。

またポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)は、それ自体がポリ乳酸であり、生分解性バイオプラスチック(植物由来樹脂)です。そのため、ポリ乳酸の成形加工時によく用いられるポリ乳酸改質剤の多くが、生分解性がなかったり石油由来であったりするのとは異なり、ポリ乳酸(PLA)に期待される重要な要素である生分解性や植物由来原料比率を損なうことがありません。

日本材料技研では、ポリ乳酸改質剤PDLA(ポリD-乳酸)の原料であるD-ラクチドもご提供しております。