日本材料技研株式会社

アップコンバージョンナノ粒子

日本材料技研(JMTC)のアップコンバージョンナノ粒子は、粒径が数十nmの無機系球状ナノ粒子です。

アップコンバージョンナノ粒子は、980nm付近の近赤外光を照射すると、より高エネルギーな短波長の可視光に変換することができます。無機系のアップコンバージョン材料であるため、変換効率は最大で2%程度にとどまりますが、最大で波長を700nm程度の大きな幅で変換することができます。

アップコンバージョンナノ粒子は、用いる材料の組成によって、赤色、緑色、青色など多様な可視光に変換することができます。またRGBそれぞれを発光するナノアップコンバージョンナノ粒子を混合することによって、様々な色を再現することが可能です。

アップコンバージョンナノ粒子は、粒径が数十nmの微粒子で粒度分布もシャープであり、有機溶媒に対しても高い分散性を示します。インクやフィルムに配合することで、基材の透明度を損なわずに、アップコンバージョン特性を付与することが可能です。