日本材料技研株式会社

負熱膨張材料BNFO

日本材料技研(JMTC)の負熱膨張材料BNFOは、ビスマス・ニッケル・鉄からなるペロブスカイト構造を持つ酸化物セラミックスBiNi1-xFexO3です。

負熱膨張材料BNFOは、温度変化に伴いニッケルとビスマスの間での電荷移動が起こることで、ペロブスカイト結晶構造の骨格を担うニッケルと酸素の結合長が伸縮し、温度上昇によって大きな体積収縮を引き起こします。

負熱膨張材料BNFOは、室温付近で-187ppm/Kという大きな負熱膨張率を示し、樹脂コンポジット材料などのCTE(熱膨張率)抑制に使うことができます。

負熱膨張材料BNFOは、主に負熱膨張性フィラーとして使用することが想定されます。