日本材料技研株式会社

PES樹脂球状微粒子

日本材料技研(JMTC)のPES樹脂球状微粒子は、粒径が5~60μmのPES(ポリエーテルスルホン)樹脂の球状微粒子です。

PES(ポリエーテルスルホン;Poly Ether Sulfone)は、透明琥珀色な非晶性のスーパーエンプラ(高耐熱樹脂)です。PES(ポリエーテルスルホン)はガラス転移点温度が225℃、熱分解温度が442℃と耐熱性に優れています。PES(ポリエーテルスルホン)は電気絶縁材料であり、誘電率(1MHz)は3.5、誘電正接(1MHz)は0.0035と優れた電気特性を示します。PES(ポリエーテルスルホン)は透明樹脂であり、光線透過率は89%、屈折率は1.65の透明樹脂です。これらの優れた特性を有するPES(ポリエーテルスルホン)を球状微粒子化した本製品を、接着剤、コーティング剤、フイルムなどの樹脂材料に配合することで、耐熱性・電気特性・光学特性を付与する効果が期待されます。

日本材料技研(JMTC)では、PEI(ポリエーテルイミド)、PAR(ポリアリレート)、PAI(ポリアミドイミド)、PPE(ポリフェニレンエーテル)など、他の高耐熱樹脂についても球状微粒子化に取り組んでいます。