日本材料技研株式会社

Materials Revolution

材料技術の革命で人類の持続的発展に貢献する
オンリーワン技術を社会実装し続ける
機能材料メーカーへ

お知らせ

2020.07.29
JMTCキャピタル、スマート農業のSenSproutに出資
2020.07.17
JMTCキャピタル、半導体検査装置向け電子ビーム生成装置のPhoto electron Soulに出資
2020.06.22
日本材料技研、ノンハライト®を用いた脂環式エポキシDCPD-DEのサンプル販売を開始
2020.06.18
JMTCキャピタル×三菱マテリアル、次世代型蓄電池のCONNEXX SYSTEMSに出資
2020.05.29
日本材料技研、バイオリファイナリー/植物由来芳香族化合物のマイクロバイオファクトリーに出資
2020.05.20
JMTCキャピタル×三菱マテリアル、ペロブスカイト太陽電池のエネコートテクノロジーズに出資
2020.04.01
JMTCキャピタル、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の認定VCに採択
2020.03.01
日本材料技研、低塩素アリルフェニルエーテルのサンプル販売を開始
2020.02.28
日本材料技研、JSR×東京工業大学からトリシクロデカン構造を有する透明樹脂材料のライセンスを取得
2020.02.28
日本材料技研、東京工業大学から負熱膨張材料のライセンスを取得、サンプル販売を開始
2020.02.26
日本材料技研、福井県立大学発スタートアップのマイクローブケム設立を支援
2020.02.03
JMTCキャピタル×三菱マテリアル、プリンテッド・エレクトロニクスのエレファンテックに出資
2020.01.31
日本材料技研、機能性塗料・コーティングのユニケムに出資

材料技術の革命で
人類の持続的発展に
貢献する

日本材料技研(JMTC)は、独立系スタートアップならではの経営の自由度とスピードを強みとし、事業規模の大小にこだわらず、社会が必要とする材料技術を商業化します。草の根から材料技術の革命を起こし続けることで、テクノロジーの加速度的進化と地球規模での社会問題に直面する人類の持続的発展に貢献します。

オンリーワン技術を
社会実装し続ける
機能材料メーカーへ

大企業や大学・研究機関の研究部門では、新しい革新的材料技術が発明され続けています。しかし、大企業の経営方針との不一致や、起業人材の不足などが原因で、社会実装に向けた事業主体を見いだせない技術もたくさんあります。日本材料技研(JMTC)は、「リーン・オープン・インキュベーション」によって、社会実装に至っていないオンリーワン技術を商業化し続ける機能材料メーカーを目指します。

日本材料技研(JMTC)の
リーン・オープン・
インキュベーション

日本材料技研(JMTC)は、多くの企業やアカデミアと連携しながら可能な限り固定費を抑える「リーン・オープン・インキュベーション」によって、時間がかかり成功率も低いと言われる材料技術の社会実装に挑戦しています。

製品一覧

機能性モノマー/樹脂原料

二官能性脂環式ビニルスルホン化合物VSTCD

二官能性脂環式ビニルスルホン化合物VSTCDは、脂環式ポリスルホン(PSF/PSU)や脂環式ポリチオエーテルスルホン(PES)など、高耐熱で透明な熱可塑性樹脂の原料です。

三官能性ベンゾオキサジンBTBz

三官能性ベンゾオキサジンBTBzは、低誘電・低線熱膨張で高耐熱・低硬化収縮な熱硬化性樹脂の原料です。

三官能性フェノールTHPB

三官能性フェノールTHPBは、4つのベンゼン環を含む高耐熱樹脂の原料です。

シルセスキオキサン脂環式酸二無水物DDSQ

シルセスキオキサン脂環式酸二無水物DDSQは、低誘電・高耐熱な透明ポリイミド樹脂の原料です。

櫛形ジオール®

櫛形ジオール®は、ポリオール等に会合基を組み込むことでチキソトロピー性や粘性の付与が期待できる樹脂原料です。

樹脂添加剤・セラミックス材料

負熱膨張材料BNFO

負熱膨張材料BNFOは、負の熱膨張率を示しCTE(熱膨張率)を抑制することができる酸化物系セラミックス材料です。

会合型増粘剤チキソスター®

会合型増粘剤チキソスター®は、チキソトロピー性付与や粘度調整が可能な両親媒性の水溶性ポリウレタンです。

触媒

ノンハライト®

ノンハライト®は、ハロゲンフリーエポキシ合成などに用いることができる粉体酸化反応触媒です。

環境配慮型マテリアル(ハロゲンフリー)

脂環式エポキシDCPD-DE

脂環式エポキシDCPD-DEは、粉体酸化反応触媒ノンハライト®を用いて合成した、ハロゲンフリーで透明・高耐熱な熱硬化性樹脂の原料です。

アリルフェニルエーテル

塩素を含有しない原料のみから合成した、ハロゲンフリーなアリルフェニルエーテルです。

環境配慮型マテリアル(カーボンニュートラル)

D-ラクチド(CAS:13076-17-0)

D-ラクチドは、D-乳酸を環状二量化した生分解性樹脂PDLA(ポリD-乳酸)のモノマーです。

D-乳酸(CAS:10326-41-7)

独自の微生物発酵技術によって植物由来原料から製造した、高光学純度なD-乳酸です。

L-リンゴ酸

独自の微生物発酵技術によって植物由来原料から製造した、高光学純度なL-リンゴ酸です。

チキソスター®、櫛形ジオール®は日本材料技研株式会社の商標です。
ノンハライト®は市原潤子及び山口俊郎の登録商標です。

会社概要

社 名
日本材料技研株式会社
設 立
2015年8月
本社所在地
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町二丁目3番4号 江戸ビル2階
資本金
50,000,000円
代表者
代表取締役社長 浦田 興優
主な事業内容
(1)化学品等の開発・製造・販売
(2)オープンイノベーションに関連するコンサルティング
(3)ベンチャーファンド運営
グループ会社

JMTCエンザイム株式会社(発酵法有機酸の開発・製造・販売、AGC株式会社との合弁)
JMTCキャピタル合同会社(ベンチャーファンド運営)

<運営ファンド>
JMTCキャピタル1号投資事業有限責任組合
MMCイノベーション投資事業有限責任組合

お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。
内容を確認し、後日担当よりご連絡させていただきます。